2015年10月25日

さようならエランさん

みなさま、たいへんにご無沙汰しています。
もうご覧になっている方も居らっしゃらないかもしれないですが、これはエランさんのライフログだったのでここに書き記しておきます。

エランさんは10月23日の午後15時頃、この世界からいなくなってしまいました。腸閉塞であっという間でした。大きな毛玉が詰まっていたそうです。

11歳の誕生日を迎えてから、いつお別れなるかわからないと自分に言い聞かせていましたが、こんな急にいなくなってしまうとは思っていませんでした。

エランは私が飼った初めての犬でした。犬とこんなに心を通わせることができるのだとは思ってもいませんでした。とても幸せな時間でした。もう、この時間を二度と味わうことがないのだと思うととても悲しいです。家の中にエランさんの気配がないとことがとても悲しいです。だんだんと慣れていく自分が悲しいです。

あんなに犬らしくない、ボダぽくない子にはもう会えないでしょう。
こんなに愛した犬にももう会えないでしょう。
でも、いつかボダを見ても泣かなくなったら、また誰かとの出会いがあることを祈ります。

いままでエランさんと私共を可愛がってくださってありがとうございました。
posted by bay3 at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。