2008年07月16日

Talking Sheepdogs



シープドッグ界のバイブルとも言える "Talking Sheepdogs" のペーパーバック版が出るというARUさんの情報をもとにAmazonを覗きに行ったら、2008年8月出版なので予約中とありました。

ポチッと予約してしまいました。

CalmPapaさんから借りてる本もまだ読み終わってないのに、どうするつもりなんでしょうかね、オレサマ。
posted by bay3 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私にとってシープドッグをやる上での1番のバイブルです!
友人を通じて和訳を頂いたのが、シープの本では初めてだったので。
当時は、何がなんだか全然分からないことだらけでしたが、時間が経つに連れて読み返すと、またいろいろな発見があって、今でも新鮮に読み返せます。

英語から自分で和訳は難しいなぁ…
でもほんとはちゃんと原書で読むべきなんですよね〜
って、そういう本がいくつあることやら(T_T)
Posted by ゆうゆう at 2008年07月16日 22:45
おお!噂の私家版和訳ですね。
ゆうゆうさんにバイブルと言われると本が届くのが楽しみです。
ワタクシにしては珍しく、シープは座学がさっぱりなので、どんな素晴らしい知恵が!?とわくわくしております。

ちなみに、コピンジャーさんはビレッジドッグの途中で放置されてます。
いかんいかん・・・。読まなきゃ。
Posted by 九楽堂 at 2008年07月17日 11:07
おお!やはり良書なのですね。
では、私もぽちっとしてこよう (←実はまだしてなかった 笑)

BOYA杯、10月ですか。さわやかで美しくていい季節ですね〜
エランさんやカイくんの勇姿、生で見たいなぁ;;
トライアル見たことないし、BOYAのすぐご近所にいらっしゃるワタクシの羊のお師匠様にももうしばらくお会いできていないし、現状だと行ける可能性5%ぐらい(泣)だけど、どうにか検討に入れてみようかな。
なんとかしてもうちょっと設備を整えないと、本州に住む親の死に目にも立ち会えない可能性大ですよ (涙;

そういえば、すっかり忘れておりましたが; 今年出版予定だったコピンジャー博士の翻訳本はもう世に出たのでしょうか。
Posted by ARU at 2008年07月17日 12:31
>ARUさん、
ぽちっと!
BOYA杯でお会い出来るといいですね。

そういえば、コピンジャーさんの本はどうなったんでしょうね?コピンジャーさんと言えば、犬ぞりの研究してたそうですが、きょう読んでた犬の本に彼のそり犬の運動性能の論文が引用されていました。

本当にしてたんだ!( ̄ロ ̄;)

と失礼な驚きを覚えるワタクシでした
ホントに失礼・・・orz
Posted by 九楽堂 at 2008年07月17日 23:06
横レス失礼します。

ARUさん、「The Dog」の和訳はもう少しお待ち下さいませね〜
そう遠くないいつか(笑)に、出版予定でございます。
Posted by ゆうゆう at 2008年07月17日 23:47
ゆうゆうさん
これは恐れ入ります ; <(_ _)>
楽しみに待っていますね♪ >和訳本

九楽堂さん
そんなものまで研究対象にしちゃうんですね > 犬ぞり
犬ぞりといえば昔々見た地元大会で、犬ぞりレース用にブリーディングされたアラスカンハスキーたちの中、ボーダーの4頭引きがめちゃめちゃ早くてびっくりでしたよ ; フリースタイラー(ディスクの方)として有名な方だったようなので、犬たちが力を発揮するためにはやはり能力以前に飼い主さんとの関係が大きいのかもしれませんね〜。
Posted by ARU at 2008年07月18日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102983287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。