2005年12月18日

誘惑があるときの呼び戻し(小学生レベル)

※訂正※
本を読み直したら、これは小学校レベルでした。な〜んだよ。
そんなわけで、書き直しました。

ちなみに、小学校の次が高校となってます。アメリカ式ですね。

さて、本に書いてあった呼び戻しの練習をお試し中なのですが、週末にやっとこみぞーをゲットしたので、家の中でスペシャルおやつで誘惑した呼び戻しをやってみました。

片方の人間がおやつを持ってエランを誘惑し、持っていない方がエランを呼びます。エランがちゃんと来たら誘惑した方が呼んだ人におやつを渡して、呼んだ人がエランにおやつをあげます。

ポイントは犬は誘惑に背を向けなきゃそれが手に入らないところ。

エランの場合、まったくためらいなくちゃんとおやつに背を向けて呼んだ方の足下にやってきました。出来るのかいな!

よく考えてみると、先日のしつけ教室でハンドラーとトリーツが一緒のところになくてもハンドラーの言うことをきけば結果としてトリーツが手に入る、という概念を教えていたので、それの延長だったみたいです。

てことは、やはり、大学レベルに挑まなければダメですか?さ〜て、どうすっかね。・・・滑車(ノイパパさん推奨)?

そんなわけで、次こそほんとに高校レベルをやれってことですね。高校レベルは呼び込みの強化です。


posted by bay3 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。