2008年10月14日

エキノコックス対策

北海道へいってきたので、犬がエキノコックスのキャリアになっている危険があるので、駆虫してもらいに動物病院へ行きました。

犬に寄生したエキノコックスは薬で落とせますが、人間に寄生されると薬では落とせなく、寄生された肝臓を切り取らなくてはなりません。飼い主の為にも駆虫して頂きます。

エランさんには念のため二倍量の駆虫薬を飲んでいただき、三週間後にもう一度投薬と検便となりました。

三週間後にシロとわかるまで、犬の排便の処理のあとは必ず手をよく洗ってからものを食べるようにように、との注意をいただきました。(もちろん、普段でもよく洗っておりますよ、ええ!)エキノコックスは細菌ではなく寄生虫なのでアルコール消毒は意味がありません。手洗いで洗い流すべしだそうです。

かかりつけの獣医さんが北海道にいたことのある人なのでとても頼りになりますです。ありがたや(-人-)


posted by bay3 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道、楽しかったみたいですね〜♪

それにしても、事後対策がそんなに大変とは、
知りませんでした!
駆虫期間、無事過ぎますように。

普段のオフ会などでは、
かなり無神経に犬臭いご飯を食べてる身としては…(大汗〜)
Posted by Harbysmama at 2008年10月15日 09:11
>Harbysmamaさん、
念のため、ということでこういうことになっているので、そう簡単に感染はしないそうですよ。獣医さんにもそう言われました。「キツネの糞を食べました?」ってきかれて「いいえ、念のためにやった方がいいと言われて」と答えたら、なーんだ、という感じでした。

羊写真とってきましたので、別途ご連絡致しますね。
Posted by 九楽堂 at 2008年10月16日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。