2008年10月31日

オスワリ強化されすぎ

シープドッグトライアルでは、走ったり歩いている状態からすたっと伏せして頂きたいのですが、エランさんはボダコリらしからぬのろのろさでしか伏せてくれません。

これを改善しようと、コマンドから動作までを短縮する方法を考えてみました。

オーソドックスにいくと、クリッカーを使って短縮できるんじゃねえ?、と軽く考えていたのですが、エランさんが一度もいつもより素早い動作を見せなかったので、一度もクリッカーを鳴らすことができず失敗・・・orz

そこで、もう一度考えた。

エランさん、何かしなきゃイケナイとなると、まずオスワリをする。で、そこで何も起きないと伏せになる。フリーシェーピングでやろうとするとこれの連続になる。

そうなのだ、エランさんはオスワリが好きなのだ。お座りすると肩もんでもらえるしね。

そこで、オスワリを経由しないで伏せをするようにやってみた。頭下げるように誘導してクリック。そこから伏せしたらクリック。

とやったら、どうにかオスワリはバイパス出来ました。
で、ライ・ダンのコマンドを乗っけて本日終了〜。

ここから時間短縮可能になるかしらん?まて、次号。

以上、煮詰まったお絵描きの合間の逃避として充実した時間を送っている飼い主がお送りしました。嗚呼〜。連休だよ〜。時間がないぞ〜。




あ、ひょっとして誘導で頭下げた状態って「あいさつ」ってトリックに出来るんじゃね!?と気がつきましたよ。こうして夜が更けていくのでしょうか。まずいぞ。


posted by bay3 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、すばらしい〜 (ぱちぱち
こういう手法を考えたり、動作を細かく分けて考えるのってほんと想像力が必要ですね〜
オスワリをバイパス、完璧とさえ思えますよ^ ^ 次号楽しみにしてます 。
それにしても、無益な逃避じゃないところがいいですね(笑)

ところで、クリッカーの音を怖がる犬の場合、適切なチャージングをすれば克服できるものなのでしょうか。
ミシェル、クリッカーの音を聞くと逃げていっちゃうんですよね ;
携帯を新しくしたときもその音でクレートに入ってったし、ピッ!と音のなる笛入りおもちゃも同じく...。
大きい音がダメって訳じゃないので、どうやら「小さい見た目から予想外の大きな音が出る」というのが怖いらしいです ^^;
これまでトリーツを導入できずにいたのでチャージングも一度も試みたことがないんですが、せっかく導入できたのでクリッカーもチャレンジしたいです♪
Posted by ARU at 2008年10月31日 20:06
>ARUさん、
やったぜ!と思ってからはや数日経ってしまいました・・・。(だって、いそがしいしい、ごにょごにょ)もう、すっかりリセットされていそうです。とほほ。

クリッカーの音。
ミシェルさんが好きになってくれるといいですね。

うちの女王様はクリッカーの音で興奮する性質でしたよ。クリッカーの音がすると興奮する為、トリーツをとりにいかずにハンドラーにスナップしてきました。オシリの肉を掴まれたときは痛いくて切なかったです。そんなにたるんでましたかね、シリ(T-T) 結局、スナップしてくるのをやめさせるにはモチベーショナル的方法ではできなくて、怒りました。そしたら一発でやらなくなりました。

でも、次の教室で「叱りました」とも報告できず。こっそりとスルーしました。ええ。
Posted by 九楽堂 at 2008年11月02日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。