2009年08月18日

シール増刷

この間作ったエランシールにご不満だったこみぞーくん。

だんだんハードルが低くなったのか、あの絵で構わないからおくれ、と言い出しましたので、プリンターで刷ってあげました。ハガキサイズのノーカットシール紙に刷っているのですが、上から貼る透明シートもついているすぐれもの(これ)。刷り上がったシートと透明シートをハガキサイズのまんまこみぞーに配給したところ、こみぞーくん凍る。

こんな複雑な形は切り抜けない、とかおっしゃる。

大学時代に顕微鏡下の基盤作ってたくせに
何を言うのかしら、コノヒト( ゚∀゚)

家内制手工業なのでがんばって切り抜いて使って頂きたい。でも、じつはワタクシも自分のときに透明シールがちゃんと重なって貼れたのは奇跡だと思ってるの。

お名前シール。侮りがたいですよ、奥さん。
posted by bay3 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。