2005年01月24日

名前をエランにした訳

私はそれほどこだわりがあるジャンルはないのですが、相方は犬が好きですが、車も大好きです。
その流れで車の名前、しかも、憧れていても手の出しようのない名車の名前にするのがよいのではないかということになりました。

候補は二つありました。ロータス・エリーゼとロータス・エランです。

「エリーゼってさ」
「うん」
「絶対にエリーゼって呼ばなくなるよね」
「うん、エリーになること間違いないね」

という緻密な検討がなされた結果、やってくる犬の名前は、エランとなりました。
首輪にはロータスのエンブレムをぶら下げるんだ!と盛り上がっていたのですが、世の中には意外とロータスのキーホルダーなどが出回っていないため、2005年1月24日現在、いまだに実現しておりません。

そもそも、今のエランは首輪どころではなく、エリザベスカラー状態。


■追記■

その後、車の集まりで犬の名前の話をしたところ、「ロータス社は車の名前にEで始まる女性名をつけるんだよね」と教えてもらい、素晴らしい名前の選択であったと我々は自画自賛しております。いい忘れていましたがエランは女の子です。
-----

その後、あまりのやんちゃぶりに「エラ蔵」と呼ばれるようになり、飼い主ですら性別を取り違え、人に話すときにエランのことを「彼が」と言ってしまいあわてて訂正する日常がやってきました。
-----

「エラ蔵」と言ったら、実家の母に「エロ蔵?」と聞き返されてしまいました。名前はちゃんと呼んであげたほうがいいみたいです。悪かったな、エラ蔵。飼い主反省。
posted by bay3 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エラン最初の2ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。