2010年11月21日

シープドッグ講習

10112001.jpg

シープの講習へ行きました。シープドッグに使われる羊とは別のところに見事な角の方がいらっしゃいました。角って二本ずつ生える種類もいるのですね。

さて、講習。

10112002.jpg

引き続き、こみぞーがハンドラーです。前回の復習では群れの中にエランさんを呼び込むのに苦労してました。

10112003.jpg

講習でも同じことをやりました。ハンドラーがこみぞーだとエランさんはよく止まります。先生が言うには、犬の側を離れないからだそうです。コマンドで犬がためらってもハンドラーが近づけば犬が伏せるので失敗が減ります。なるほど。たしかに私は遠くからやってましたね。だって、出来ると思ったんだものさ。まだ無理だったという訳ですね。

10112004.jpg

呼び込むのは苦労してました。エランさんが羊の中になんか入りたくな〜い、とうろうろしている間に羊が動いてしまうのです。でも、頑張るこみぞー。

10112005.jpg

うまくいったのは一回だけでしたが、羊が動けばまあ良しとするのだそうです。エランさんに近づくと羊が動くことを判ってもらうことがゴールです。

さて、こみぞー君が好調なので、ドライブの練習をやることになりました。説明を聞く間、エランさんがうろうろするのでついワタクシが柵の外から伏せさせてしまいました。

10112006.jpg

いかんかったかしらん?すみません。がんばって口にチャックはしているのですが、ついつい( ゚∀゚)

さて、ドライブ。

ハンドラー、イヌ、羊の位置で、イヌが羊をハンドラーから遠くへ行くように動かすのがゴール。でも、最初なのでハンドラーのこみぞーが動いて、この配置を維持します。

10112007.jpg

イヌは背後からのコマンドに慣れていないから思うとうりにはいきません、と先生がいったのですが、やってみると、なんとこみぞーはとてもお上手。

10112008.jpg

とてもうまくやっていました。
最後の方はエランさんの止まりが悪かったのですが、原因は、
1)イヌが羊の向こう側に行っているのでコマンドを無視しやすい。
2)エランさんが羊追いを楽しくなってきている。
ということでした。

でも、先生がとても上手だと褒めていました。この調子ならハンドリング5回目のこみぞーくんなのにすぐに新競技会も出られるようになるそうです。

彼の良いところは、
1)コマンドのタイミングが良い
2)イヌとの位置関係が良い
だそうです。

エランさんの福利厚生の為だから、よいハンドラーでエランさんが楽しくなるのはとても喜ばしいのですが。

なんだかとてもクヤシい(;°皿°)
posted by bay3 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シープドッグ事始め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170192524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。