2010年11月22日

昨今のエランさんの掻き壊し

エランさんは毎年季節の変わり目に耳の周辺を掻き壊します。毛をかき分けて皮膚を見ると赤くなっています。毎年アレルギーを疑われていたのですが、今年はついにフードを変えてみることになりました。と言っても、そもそもアボ・ダームのラムアンドライスという低アレルゲンフードだったので、そこから変えるとなると療法食になりました。

いろいろと試供品をもらって試したのですが、どれを食べてもエランさんの食いつきとウンの調子に違いがなかったので、こみぞーくんのフィーリングでドクターズケアアミノプロテクトケア(食物アレルギー用)にしました。これは動物性タンパク質をアミノ酸にして与えてあるフードです。どんな免疫もこれなら確かに認識出来ないという、なんだか究極に原理的なアレルギー対策フードです。なるほど。ちょっと目から鱗がおちました( ゚∀゚)(まあ、その他の材料が原因だったらダメなんだけど)

このフードに変えたら、エランさんの耳周りの症状は治まって、ウンが硬くいい感じになりました。そもそも、アボにしたのも他のフードではエランの腹具合はよくなかったせいなのですが、そのアボでもゆるめのウンでした。それが療法食になったら、ちゃんしたウンになりました。

改善出来てよかったですよ。

そういうわけで、今はトリーツもこのフードにしています。

アレルギーテストはアレルギーのあるイヌではほぼ全ての抗原に反応を示すことが多いので、かえって主原因を突き止めにくいのだそうで、受けませんでした。そういえば私自身のアレルギーテストでも、パッチテストの半分ぐらいに陽性が出てけど、自分で明らかに分かる原因はそのうちの花粉とハウスダストの二つぐらいでした。しかも、ハウスダストは自分ではあまり判りません。掃除サボっても平気だし( ´∀`)

エランさんは運良くフードで改善出来て何よりでした。これでエリザベスカラーともオサラバです。
そうそう、あとは二週間にいっぺん洗ってあげなきゃいけないんだよね。皮膚のデリケートなイヌはキレイにしなきゃいけないんだそうです。エランさんは風呂嫌いなんですが、しょうがいないですね。
posted by bay3 at 13:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遂にアボ仲間卒業だったんですね。。

ジョイはアボでも、アレルギー起こした事も、
ウンPも固くて少なくて、
特に困ったことはなかったのですが、
最近手作り食にしてみました。
こちらもなかなか好調の様です…って、
要はお腹が強いだけかも知れませんね。。
Posted by niki at 2010年12月02日 10:57
nikiさん、
そうなのです、残念ながらアボは卒業になりました。
ジョイ君、アレルギー無しとは親孝行ですね。
手作り食は憧れるのですが、エランさんがこうなってしまうと難しいかなあ。アレルギーテストで除外出来る肉があるといいのかも知れませんね。やはりテストするべき?
Posted by べーさん at 2010年12月11日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170260799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。