2010年11月24日

家畜解剖図説 その後

昨日は「家畜解剖図説」のキーワードで来ている人がいたので、情報がなくてすみません、と追記。

結局、あのあと家畜解剖図説の上巻を買いました(予算の関係で一冊しか買えないかった)。鳥の仕事をしたときにニワトリの解剖図はとても役立ちました。日本で簡単に手に入る資料ではピカイチです。

脊椎動物の馬、牛、豚、イヌ、ネコ、ニワトリの解剖図が様々な本からまとめられています。私が言うだけでなく、聞いた話じゃ日本で手に入る解剖の図譜では一番よい本だそうです。
posted by bay3 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。