2005年02月02日

チューイングガム事件

エランを連れて遠出の散歩をしてみたところ、車をとても恐がって大通の交差点が渡れない。やっと渡っても、狭い歩道だと向ってくる車がおそろしくて腰が抜けてしまう。

そんなエランを引きずるように家に帰ってきて足を拭こうとすると、後ろ右足の裏にピンクのチューイングガムがべったりと!うおお〜〜〜!

足の毛にも絡み付いているのですが、ニクキュウのあいだにもみっちりと詰まっています。おーのーれー!ガム捨てたやつ許さん!

で、なんとかふき取らなきゃいけないわけです。
相方と相談。

「これってベンジンで落ちるかなあ?」
「う〜ん」

そこで、相方が妙なことを思い出します。

「ガムってチョコと食べると溶けるよね」

そうなの?やったことないよ。てか、どういう流れでそういう食べあわせになるんじゃ?

それはともかく。チョコですか。しかし、うちのチョコの買い置きはありません。あとから考えれば、犬はチョコへのアナフェラキシーがあるそうなので、使わなくてよかったです。

チョコは無いので、他のものを検討。

「チョコの何の成分で溶けるんだろうね?カカオ?」
「油じゃないの?」

と、いうわけで、食用オリーブ油で試してみました。う〜ん。まあ、溶けてるような気がします。もうしばらくオリーブ油でふき取りつづけていると、ガムが取れてきました。ああ、溶けてはいるんだ。

はからずもエラ蔵君、足の裏をオイルマッサージ状態。最終的にはガムはきれいに全部とれました。油、万歳。

お散歩でガム踏んだ方はぜひ、オリーブオイルをお試しください。時間かかりますが落ちます。

ガムはゴミ箱へプリーズ・・・。
posted by bay3 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エラン最初の2ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1801112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。