2006年08月07日

『いぬのきもち』

06080701.jpg

幻冬舎文庫には「わんこ文庫」というシリーズがあるらしく、その新刊として本屋に並んでました。(注:2003年に出版された本が文庫化したようです。)アメリカで行動治療を学んだ著者は新宿の動物病院で問題行動のカウンセリングを行っている獣医。

犬の行動やシグナルを解説して、犬とよい関係を気づくヒントを紹介しています。問題行動の解説が多く含まれていますが、全体として広く浅い感じ。

すでにこの手の話をいろいろ勉強している人には物足りないかもしれないですが、犬を擬人化せずに犬として捉えるというのことが実際のところどういうことなのか興味を持ちはじめた人には読みやすい入門書だと思います。

書籍名:『いぬのきもち』
著者:高倉はるか
出版社:幻冬舎文庫
ISBN:4-344-40836-5
価格:495円税別
posted by bay3 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。