2006年09月04日

『動物感覚』

06080305.jpg

やっと読了しました。
前回、読みかけで書いた記事が8/3ですので、ほぼ一ヶ月放置してました・・・。だめじゃん。

著者のテンプルは知的障害を伴わない高機能自閉症、アスペルガー症候群です。自閉症は脳の一部、前頭葉の働きに障害があると考えられています。

テンプルは自分の知覚の感覚が動物と似ていることに気がつき、そのことが動物の前頭葉があまり発達していないことと関係があるのではないかと考えています。

本著では、そのことを踏まえて自閉症の人の行動の動機付けと、動物の行動の動機付け(しばしば問題行動の解決策)が比較されて紹介されます。

主として、恐怖と知能について語られています。恐怖については、脳の働き方による解説、また、攻撃に至るまでの行動がどのように本能と学習に別れるか、などが解説されています。

動物が事象をどのように受け止めるかということが細かく解説されていますので、犬の行動を人間と同じように解釈して失敗するというおなじみの落とし穴を避けるヒントが沢山書かれています。

犬飼いの方にはおすすめです。

また、動物がどれだけのことが出来るのかを語ってくれるとともに、自閉症の人がどれだけのことが出来るのか、そしてしばしばそうでない人にはできないことをやってのけることを教えてくれます。

どちらのサイドから読んでも面白いです。

文献も沢山紹介されているのでマニアにもお勧めします。

以下、心に残った箇所を箇条書き。

1)猫はクリッカートレーニングできるんだそうです。びっくりじゃ。

2)ボー飼いのみなさま。
ボーは犬の中では恐怖心が強い犬種なのだそうです。動物における賢い行動、好奇心のおう盛さは、恐怖心とセットなのだそうです。(怖いので警戒して策をめぐらすのだそうです)なので、ボーをあまり追いつめるといけないらしい・・・。

3)「窮鼠猫を噛む」とあるように恐怖を追いつめると攻撃に転じるのはよくある行動ですが、だからといって性質として恐怖心が薄れた犬をつくると持ってうまれる攻撃性があがるという報告があるのだそうです。恐怖心が攻撃抑制もするらしいのですが、でも追いつめられたら噛むんだよね?難しい。

4)捕食攻撃行動は本能なのだそうですが、攻撃対象は学習するそうです。その学習時期は子犬時代。前のコピンジャーさんの話が正しければ、うちの犬はもうオトナなので、攻撃禁止対象を個別に教えなくちゃならないようです。とーほほ。

5)動物は実体験だけではなく、ほかの個体の行動を見ても学習するのだそうです。(よく考えたらあたりまえ。そうでないと命がけで捕食動物が危険なことを学ばなくてはならなくなる。)従って、何か新しいものがあり、それを先輩犬が怖がっているところに出くわすと、後から来た犬は恐ろしいことにあったことがないのに、その対象を怖がるようになるのだそうです。
良いほうで同じことが起こるときは、例えば、他の犬に効いているコマンドを覚えたりします。エランさんはカームちゃんを見ていて「ヒヤ」を覚えたっぽい。

6)プレーリードッグは形容詞を用いた情報交換をするそうです。ヨウムにいたっては質問を発することが出来るのだそうです。スペリングも出来るらしい。そして、爬虫類にも感情があるのだそうです。知らないことばかりで面白かったっすよ。

お近くの方なら、本貸します(笑)。

次はコピンジャーを読まねば・・・。

書籍名:『動物感覚』
著者:テンプル・グランディン/キャサリン・ジョンソン
出版社:NHK出版
ISBN:4-14-081115-3
価格:3200円税別
posted by bay3 at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本はほとんど図書館頼みのワタシ、予約したけど、かなりの待ち数でいつになる事やら。
ヤツがいると何かが起きそうで、人様にお借りするのはちょっと、、、だし。 買えってか(爆)。

猫のトレーニングは面白そうだよ〜。
伊万里はオスワリはすぐでした。マテは、大変そうだけど(笑)。
でもなにより覚えて欲しいのは、盗み食いするな、ということなのですが。

うちでは、5)が、嫌な予感がするところ・・・。
Posted by 塩姉 at 2006年09月05日 09:27
>塩姉さん、
オリベさんに会わせてくれるなら、お貸ししますよ〜(悪)。

新刊は図書館で借りるのは順番待ちになっちゃうときいたことがあります。そういえば、以前に妹が「ハリーポッター」を借りようとしたら市内で100人待ちだったと言っていましたよ。

5)についてですが、最初に「怖くない」と学習をしていれば、それが上書きされることはないそうです。がんばれ、オリベちゃん♪

猫のトレーニングも面白そうですね。でも、フタを開けることを教えられても、フタを開けないことを教えるのは大変そうだ・・・。
Posted by 九樂堂 at 2006年09月05日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23236407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。