2007年01月18日

全部食べたちゃん

グリム童話にネズミと猫が非常食に油壷を共同購入するという話がありまして、抜け駆けして食べたくなっちゃった猫は親戚の子供の名付け親になりに出かけると言ってはその油壷を舐めに行き、ネズミへのアリバイとして子供の名前をでっち上げるのですが、それが「かわ舐めちゃん」、「半分食べたちゃん」、「全部食べたちゃん」。もちろん、どれだけ油壷を食べたかを言っちゃっているわけです。

さて、本題。
エランさんは留守番とか、夜に人間が寝室に上がっちゃった後など、人間がトイレの片付けを出来ないときのウンを食糞することしばしばです。しかし、フードがアボダームに変わったので、エランさんも留守番の食糞をしなくなるかも!とワタクシは淡い期待を抱いていました。

あにはからんや、

昨晩、ワタクシが呑んで帰ってみると、ウンの痕跡あれども、その存在はいっぺんもなし・・・.

全部食ったんか〜!!  orz

掃除は楽でしたが、なんかイヤ。
その口でよって来られても愛らしく感じられません。
posted by bay3 at 08:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは!"全部食べた"ちゃんのお帰り〜の
チュ〜♪はご遠慮したいですね…(笑)
グリムにそんなお話があったんですね!
題名は何ですか?(結構絵本フリークなんですが、
知りませんでした、私…!)

アボ、エランちゃんのお腹の反応が
ジョイと正反対なのに、ビックリ!
ジョイの場合はユカヌバで緩くなって、
アボは結構固め(ネット上で、
公表しちゃった…笑)で、
アボ続けてますが、個体差って、
大きいですね…。
Posted by Harbysmama at 2007年01月18日 10:21
>Harbysmamaさん、
なんと、ジョイ君は逆なんですね。
犬によって違いますねえ。
エランさん、もちっと様子を見ようと思いますが、このまま緩いようだとアボは諦めるか、ユカヌバと混ぜて食べさせることになりそうです。皮膚の調子が良さそうなので、すっぱり諦めるのは悔しいのです・・・orz

ところで、グリム童話ですが、「全部食べたちゃん」は岩波文庫のグリム童話全集に入っていた話です。ちょっと非道かつナンセンスなので絵本にはなっていないんじゃないでしょうか。

すごい名前なので我々姉妹のあいだで大流行したのです。しかし、どうやらうろ覚えだったようで、名付け親に行ったのはおともだちのところでした。


KHM2 Katze und Maus in Gesellschaft
「猫とネズミとお友達」

wikipediaにあらすじがありました。
油の壷って何かと思ったらヘットの入った壷のことでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/猫とねずみとお友だち
Posted by 九樂堂 at 2007年01月18日 11:02
「猫とネズミとお友達」詳しくインフォして
頂き、ありがとうございます!
後で、ゆっくり見てきます♪

ちなみにエランちゃんのアボは
どの種類ですか?
ジョイはラム&ライスを常食してます。
Posted by Harbysmama at 2007年01月18日 14:06
>Harbysmamaさん、
うちのは一番ベーシックのアボダームでした。小麦粉が主原料のやつですね。
ゆーほオンラインで見てみたら、ラム&ライスというのもあるんですね。こっちはラム肉が主原料ですね。こっちの方がお腹に優しいのかなあ。次回、売っていたらチャレンジしてみます。
Posted by 九樂堂 at 2007年01月18日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31614506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。