2007年05月04日

二度とごめんです

本日は危うく、この記事がこのブログの最後の記事になってしまうところでした。

三浦半島にある昔ワタクシ一家が住んでいた家に遊びにいったのですが、庭にエランさんを放していたら、目を離した隙にエランさんが脱柵しました。

気がついたときには既に見当たらなくて、360度どこを探したらいいのか呆然としましたとも。

結局、国道で車を止めていたところをこみぞーが発見して確保しました。

エランのいない庭で、「保健所と警察に保護されてないか確かめなくっちゃ!でも実はエランさんはもう車にひかれて死んじゃってるんだわ!」と一気にシミュレートしたら

マジデ ナミダ デタッス orz

エラン家の家訓:
ボロ家の柵は要チェック。
エランを放したら目を離さないこと。


posted by bay3 at 20:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エラン嬢ご無事でなにより(ほっ)
ここの記事はこれからも読みたいので柵は激しくチェックよろしくです。
あと、目を離さないように目玉のおやじを頭にのせるのも有効かと。
なんてジョウダンはおいといて。エラン家の家訓、うちもその通りだなぁ。
Posted by モリーパパ at 2007年05月04日 21:07
エランさん、無事でよかった〜(T△T)
エランさんに会えなくなったら、私も泣くですよ。

雪風も向かいの歩道を歩く犬に突進してリードがすっぽ抜け、バス道りを横断した前科があるので、リードの輪は必ず手に通すのがうちの家訓です。
雪風はキャンプ場を抜け出して、トイレに行ったとーちゃんを探す一人旅に出たこともあるし。(トイレと反対の方を探してました・・・その鼻は節穴か?)
犬は信頼しても、信用しちゃダメですなぁ。
Posted by よっちゃん。 at 2007年05月04日 23:27
あぁぁ〜〜〜、よかった。
読んでて、うちのやつらのシミュレートして目頭が〜(TロT)

べーさんとこみぞーさん、寿命縮んじゃったんでは?
うちのチビが来てすぐに、脱柵して擁壁の綱渡りしたときも、キュウ〜っと心臓が・・・。

そうそうエランさん、車はまとめなくていいからねっ。
Posted by fuku at 2007年05月05日 10:36
べー家受難のGWだったんですね、お互いにっ!!
実は我が家も本日…(大汗!)
私の実家に帰ってお掃除中、ちょっとお昼にラーメン屋さんへと
出掛けて帰ってきたら、ご近所さんが
「ジョイくん、出歩いてたわよ!」と…!
ガ、ガ、ガガーン!?
鍵が掛かって入れない玄関口で待っておりました!
お勝手口が開いていて、どうやら居なくなった私を追いかけて、外へ出た模様…。
結果オーライではありましたが、よくぞ車にぶつからなかったと(自分のバカ〜!と大反省しましたっす…涙!)
エランちゃんもジョイも無事で、ほんとにほんと〜に良かった(実感こもり過ぎ!!)
Posted by Harbysmama at 2007年05月05日 20:46
エランちゃん、ご無事で。車の事故!!なんて考えたら身震いしますよね。
スキップは行きつけのドッグラン(山の中、車も通らないくらいの山の中)でちょいと大騒ぎ。帰るときに門から車までノーリードで連れて行きました。車のそばにお友達ワンコがいるから離れていかないだろうと思っていたら、何を思ったか、山道をどんどん散歩に行ってしまいました。追いかけても「ワーイ」って喜んで道をまっしぐら。叱る口調で名前を呼んだら「あれ?」って顔で戻ってきましたが、「迷子になってしまった、どうしよう」って血の気が引きました。私の教訓「お友達がいてもノーリードはやっぱり無理」です。
Posted by ラッキー姉ちゃん at 2007年05月05日 21:31
>モリーパパさん、
目玉親父を呼ばなきゃ〜!!
油断大敵過ぎでした。辛い学習だったなあ。他山の石となれば幸いです。とほほ。

>よっちゃん、
えうえう〜。
ゆっきー兄さんも武勇伝があるのですね。でも、パパさんを探しにいくならかわいいですね。うちのはどこの夢の国へ出かけにいったのやら・・・orz

>fukuねーさん、
シミュレートは来ますです(T^T)
寿命が縮みましたです。発見したこみぞー君は冷や汗ものだったんじゃないでしょうか。ワタクシは話聞くだけですんでちょっとラッキーでした。国道の真ん中って、ひええええー、です。車をまとめてなくてよかったです。

>Harbysmamaさん、
ジョイくんもでしたか!本当にご無事で何よりでした。車の事故を考えると、やはり怖いですね。ご近所さん、グッジョブです♪うちも止まってくれた先頭の車に感謝しなくっちゃ。

>ラッキー姉ちゃんさん、
スキップさんは野生に呼ばれたのでしょうか?ハスキーの血が騒ぎましたか?無事に戻ってよかったですね。エランのいなくなった場所も実は登山口の近くで、「山狩りになったらどうしよう!?」とシミュレートするのはあまりにも嫌だったのでやめたのでした(弱い)。
Posted by 九樂堂 at 2007年05月05日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。