2005年06月20日

ハードル高 30cm

本日のお昼時にハードルの高さを定規できちんと計って 30 cm にセットしてみました。

お昼ご飯がかかっているので、エランは必死でクリヤしました。

ところで、30 cm という高さになってくると、そろそろ下をくぐれるのか?と伺うようになってきました。下方を塞がなきゃだめでしょうかね?

フラボのハードルみたいにすればいいのかなあ?
posted by bay3 at 12:08| Comment(6) | TrackBack(0) | アジリティ事始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エラン、頑張ってるね☆30cm!
その調子で、アイテム(ご飯)をGetするのだ!

下をくぐるのを覚えるとなかなか直せないので、バーをもう一本入れるか、布や板で下を塞ぐといいよ。
それを嫌がるようなら、その状態でバーを低くして慣れさせる。
ボーダーはバーくぐりを覚えると、賢い分直り難いと先生が言ってたよ。
確かに、ふぁ〜ではかなり苦労したなぁ。
Posted by よっちゃん at 2005年06月20日 14:38
やはり、塞ぐが吉なんですね。さっそく夕飯からふさぎます。ついでに壁にも慣れてもらおうっと。
Posted by 九樂堂 at 2005年06月20日 15:36
ジャスミンのアジレッスンの師匠に、羊さんに集中するボーダーは、姿勢が低くて、さらに先の方を見る習性なので、
間近のバーをくぐることもあるって聞いたよ。よっちゃんの言うようになかなか軌道修正できにくいらしいね。

アジのウォール(目隠ししたもの)のためにふさぐのもいいけど、アジにもエクにも、ダブルバーがあるからバーをもう1本入れるのも、前が見えるし、いいかもよん。
ジャスミン、ラブなんだけど、スタートであまり「待て」をさせると、気が急いて
スタートのバーをくぐっちゃうことがある・・・
Posted by あれっくす(ジャスミンママ) at 2005年06月20日 19:23
我が家もカーラのハードルの下くぐりで苦労しますた…アジ日記でべーさんご存じですね(苦笑)。

やっぱり、まずは、1回でも下をくぐらせないことが大切だと思います。
ご褒美にモチベーションの高すぎるものを使うと、ご褒美ほしさに、ヤツらは「いかに簡単に早くご褒美をもらえるか」を考え、その結果下くぐりを決行するので(すごいよね!)、カーラの場合はそこそこ好きなものを使うことも有効でした。
あとは、やっぱり、「コマンド=障害を飛び越えること」という図式をしっかり教え込むことでせうか。

テンション上げることも重要なんだそーですが、常にテンション高すぎる犬もどうかと思いまする(苦笑)。
ぜひ、エラン嬢には、冷静にハードルに臨むワンコになっていただきたいっ!(笑)
Posted by すーちゃん at 2005年06月20日 20:24
おー、エラン嬢がんばってますね〜。
ちゃんと高さを測るあたりが几帳面♪
家で練習できるといいですね〜。特製のダンボールハードル、愛情たっぷりですよね!

こちらで教えてもらったフラフープ、いい感じです。ホースより設置が簡単でナイス!
Posted by モリーパパ at 2005年06月20日 21:32
みなさま、アドバイスありがとうございます。

あれっくすさん、
夕飯時はダブルバーにしてみました。怖がらずにとんでくれました。「待て」が長いと先を急いでしまう、ということもあるんですね。覚えておきます。

すーちゃんさん、
ああ、わかります。ヤツらはいろいろ策を練りますよね。エランもバーの高さが高すぎると抜け道を探してうろうろします。エランは用心深いので、ハイにならないとうまく走らないかもしれないと危ぶんでいるのですが、自信がついたら変わるのかなあ。

モリーパパさん、
どれくらい飛べたのかが気になって計っちゃいました。フラフープよいですか?うちも探しにいかなくっちゃ。フラフープだと、なんだかサーカスかイルカのショーって感じがしないですか?手で持ったフラフープを飛んでくれないかと、とても憧れているんです。
Posted by 九樂堂 at 2005年06月21日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4482001
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。