2005年10月03日

卵が先かニワトリが先か

さて、本で読んだにわか知識を早速試してみる。犬に対してリーダーになろうゲーム。

散歩のときに、「バック」と言ったらば、
わしより前に出たらアウト、
後ろで勝手に止まってもアウト、
リードの長さより遠くへ行ったらアウト、

というゲーム。

判ったこと。

1)アウトということを知らせるに、そもそもリーダー認定が必要ではないですか?
2)犬にサインを送るのにリードを使いたくなる誘惑がでかいです。
3)誘惑があると、まるでだめ。
4)前に行かれちゃうのはともかく、後ろで止まられると手も足も出ない。

夜の散歩ではもちっと策をねります。

枯れ葉の季節がやってきたので、誘惑に関しては枯れ葉で十分なこと判明。あちこちにあるからキツいですが、犬よりは魅力が弱いみたいなので練習に使えそうです。

「おいで」のときのご褒美も山のように必要そうだなあ。わしがもちっと魅力があればご褒美じゃなくても来てもらえるんだろうけど、あいにく犬への魅力はママンから遺伝しなかったんだよ。(わしの母上は犬に産まれてたらモテモテ犬生だった断言しているほど、犬に人気)

でも、なんとなくメリハリをつければ行けそうな感じ。



で、夜の散歩で少し工夫。

なるべく、こまめにヒールをかけてみる。するとなんだかヒールの効きがいいですよ。やはりレアさは大事だ。

でも、後半はエランが飽きて、オスワリでサボタージュをかけられました。なだめすかして帰宅。

お互いにストレスフルな散歩だった。

前に出そうになるたびに警告音(うちでは「あっ」と言う)を出していたので、エランは前に出なくなりました。

が、すぐ側も歩いてくれなくなりました。遥か後方を歩きます。

明日は側で後方を歩かせる練習をしますです。はあ。

ひとまず、ハンドラーの近くのゾーニングは解決しそうですが、次なる問題は群れの境界線となりそうです。いまのところエラン君はヒールを解除されたら無限遠の彼方へ出かけていっちゃいます。(そして帰ってこない)これを境界線を意識するようにしむけなくてはいけません。

おそらくこれは呼び戻しに全てかかっている気がします。呼び戻し大作戦かあ。

おやつが足りないんだよねえ、いつも・・・。


posted by bay3 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。