2008年01月12日

しつけ教室再開

08011201.jpg

一年ぶりぐらいにしつけ教室に行きました。
羊のときのハンドラーはワタクシ、しつけ教室のハンドラーはこみぞーと何となく分業しているのですが、しつけ教室のことをこみぞーくんに任せてたら、結局一年間一度も予約を取ろうとしなかったので、

ワタクシが勝手にとりました。

一年ぶりなのに、マスターハンドラーコースでグループレッスンなワタクシたち。
案の定、エランさんだけが挙動不審だ。
ちっとも止まっていられません・・・orz

「今日はなにをやりたいですか?」
という先生の問いに、みなさんがヒールとかマテとかピンポイントで気になるところを挙げている中、我が家だけは

「全部入りで」

だって、一年ぶりなんですもの・・・orz

この日のレッスンは、犬の動作の最中にはトリーツを出さず、解除したあとに他所においてあるトリーツバッグまでトリーツを犬と一緒にとりにいってトリーツをあげるという練習。

動作の最中にはトリーツはでないよ、という状況でも犬に行動してもらう練習でした。

エランさんは久しぶりに他の犬のいるところでやるので、誘導なしで注意が引き戻せるのかハラハラしましたが、こみぞーくんが意外と(失礼)がんばりまして、どうにか乗り切りました。

でも、4組のなかで一番挙動が怪しかったですけどね・・・orz

ハンドラーの方見ないで動いている犬はお前さんだけだよ、エランさん。

最後にゲームをやりました。
ハンドラーが他のことに気を取られていても犬を管理できるようにする練習です。じゃんけんで負けてハンドラーが動揺すると犬のマテが堪えきれなくて解除されちゃったりするので見学しているワタクシは見ていて面白かったです。

自分の犬にマテをさせて、人の犬を動くようにけしかけるゲームでは、エランさんが意外と待ったので驚きでした。

けしかけてたラスままさんがとっても優しいやり方だったおかげなんですけれど、それでもエランが動かなかったのは驚きでした。

遠隔から犬を前進させて所定の位置で停止させるゲームでは、これまたエランさんがちゃんと止まって驚きました。

エランさんを侮っていたようです。
やるじゃないですか。

ていうか、

できるんだ?

羊のときは別腹ですか?

しつけ教室は犬にとっては頭を使う作業ばかりなのだそうですが、久しぶりの頭脳活動でお疲れだったようで、エランさんは帰ったらすぐに沈没してしまいました。

今年はしつけ教室がんばります。


ところで、

こみぞーくん、レッスン中にリードをそんなに短く持っててずるくね?


posted by bay3 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。