2005年10月01日

罰の使い方

本日のしつけ教室では「罰」の使い方を習いました。

我が家でお世話になっているしつけ教室ではいわゆる「褒めてしつける」方式を習うのですが、上級者コースでは犬が責任を持つようにしむけるために「罰」を使うのだそうです。

で、その「罰」ですが、用は勝手に動いたらおやつは出さないのが「罰」にあたるのだそうです。「マテ」をかけたときに許可なく動き出したときなどが「罰」を与えられる行為となります。

そのときに、決まった音や言葉をつけるんだそうです。

うちの場合は「違う」を「罰」の言葉にすることにしました。「違う」と言ったときに犬がもとの仕事にもどれば褒めます。

ところが、この「違う」と言うタイミングが難しいです。犬が何かに気を取られ「ちゃんとしてようかなあ、どうしようかなあ」という葛藤が最大限になったときにすかさず言わなきゃいけないのだそうです。

その時点をすぎて「よし、やっちゃえ!」と犬が行動を始めてからでは遅すぎなんだそうで。

何度か練習をしましたが、犬の様子からちょうどいいタイミングのサインを読むのはトテモ難しいっす。これは人間の方が練習しないとダメっすね。



犬相手の練習もしました。

エランの場合は犬に会うことがご褒美なので、それを利用する方が良いとアドバイスを頂きました。待てを失敗させないように、1秒待てるなら、0.5秒待たせてOKをし、犬に会わせてあげるがよいのだそうです。

犬に会いに行くときはリードが張らないように犬に会わせて動いてやり、犬とのコミュニケーションはこまめに中断させて呼び戻しを何度かかけることをやると犬に会うのがご褒美にできるのだそうです。

そういうわけで、今度、散歩で出会ったらよろしくね、雪風くん。いや、ふぁ〜先生もよろしく。



あと、フリースタイルも勧誘されましたよ。でも、車の運転ができないと、その時間には通えないねえ。夜中に車の特訓すかねえ。


posted by bay3 at 19:01| Comment(3) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

ついて歩いていただきたい

久しぶりに絵日記。ええ、描かなきゃいけない絵から逃避してますとも!(イバルナ)

05092801.jpg

正しいヒールをしている犬を見ると、ハンドラーの膝にぴったりくっついてそこからアイコンタクトをしています。

うちの犬はこれをやらせようとすると、どうしてもわしらの前に回り込んで進路を塞ぎます。

それは進路妨害っていうのよ。

05092802.gif

ていうか、それじゃあカツアゲだよ、あんた(涙)。

これも、廻り込むボーダーコリーの本能のせい?

でも紫苑の華麗なヒールを見た後では、本能のせいにするわけにもいきません。落ち着けよ、エラン。
posted by bay3 at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

マット

「マット」と言うコマンドで所定の場所でフセしてマテをすること。しつけ教室で習いました。

うちではただいま臭いもの布団カバーがマットになっています。

2週間ぐらいしか教えていないんだけれども、クリッカーで敷物の上にフセするのを教えた後、敷物上でフセで氷を食べさせていたら、敷物の上にフセするのが大好きになってました。これでクリッカーで「マット」というコマンドをつけたら、なんだか出来るようになってしまいました。

はやっ。

でも、すごく楽しいらしくて「マット」させると興奮しちゃうところが難。まったりコマンドのはずなのになあ。
posted by bay3 at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやつ大作戦

050927.jpg

先日のしつけ教室で大量のおやつでエランの集中がとれたので(改めて書くと情けないなあ)、エランの覚え具合に対して最近ご褒美が少なすぎたかと反省。

また、世の中の刺激はこれだけの量のおやつほどの魅力があるのかと気がついて今さらながらびっくりっす。世の中って素晴らしいね!

それはともかく・・・、

この世の中の魅力に打ち勝つために、今週は大量のおやつを使うことにしました。太りませんように〜(念)。

家ではやらずに散歩に持参。車の多い道で食わせながら歩くことにしました。

しかもゴージャスなやつです。ソーセージビッツのようなラム肉おやつ。初めて買ったので大人気です。

これを、ほぼ三歩ごとにエランに与えていると、アイコンタクトしてびしっと左につきます。

エンジン音が盛大なバイクや車が来ない限りはこっちを気にしてくれるようです。

難点は長距離歩けないところですな。(このおやつは一日10粒が限界。なので砕いてちびちび与えます)しかも、おやつの切れ目が集中力の切れ目(涙)。

エランは車を怖がって飛びつこうとするので、車道だけはどうあってもこちらに集中して欲しい。これを1週間ぐらいやったら、それで刷り込まれてくれないかい?たのむよ。

あとは、公園で犬待てだなあ。
posted by bay3 at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

しつけ教室ご紹介

<伝言>ジャスママさ〜ん、うちはClub Perroというしつけ教室に通っていますです。</伝言>

去年の12月、エラン6ヶ月。このワンコロを全くしつけることが出来なくてワタクシのこめかみの辺で血管がぶちっといったため、エラン一家はClub Perroに駆け込みました。

それ以来、Perroさんにお世話になっています。

我が家はなぜかしつけ教室の上級コースまで辿り着いてはいるのですが、同じ上級のワンコ方のびしっと具合を見ると、うちはほんとに上級でいいのかいなと首をひねりたくなるような出来で・・・(涙)。

しかも、われらペアは教室のスペースにいるときの出来が一番良いのです。それじゃあ優良家庭犬じゃないじゃんかよ、エランさん。
posted by bay3 at 01:45| Comment(6) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

悩みどころ

050902.jpg

昨今のエランくんの悩みどころ。

1)トイレを堂々として頂きたい。
家の中ではトイレは見られたくないようで、ワタクシがさりげなく見張っているのに気づいて、人がいなくならないとトイレをしなくなってきた。まーずーいー。褒めて上げたいだけなんだよ〜。我慢しないでくれ〜!

2)野外でハイパーにならないで頂きたい
家の中では文句無しに言うことを全てやってくれるようにはなったのですが、外に出ると全くダメです。魅惑的なものが多すぎですか?特に犬はだめです。我慢できません。

まあ、エランの名誉のために言っておくと昔よりは我慢してるんですけどね。

外に出ちゃうと、外にあるものの方がおやつよりも刺激的なようです。こういうのもそのうち諦めてくれるんだろうか?
posted by bay3 at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呼び戻し

最近は、また効かなくなりました。とほほほ〜。
posted by bay3 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

トイレ懐柔作戦中

トイレのしつけの最初で怒ってしまったので、エランはトイレを見られるのが苦手。

これを矯正しないともろもろのトイレのしつけはこれ以上改善できないようなので、トイレを人の見ているところでするように懐柔作戦進行中。

具体的には、トイレを見ているところでやったら人間用スモークチーズを小指の先ぐらい与えてます。

しかし、もう大人なのでそもそもトイレのタイミングがなかなかございません。

しかも、どうやらオウンだけはどうしても見てないときにやりたいようで、一昨日ずっと張り込んでいたら一日我慢しやがりました。

前途多難ぽいっす。

まあ、トイレでしてくれるからいいんですけどね。
posted by bay3 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

食糞

エランはまだ食糞をします。これをやられると掃除もたいへんなのでやめて欲しいのですが、相変わらずやってくれます。

解決できない理由は判っていて、

1)エランはわしらの見ているところでウンをするのが嫌。
2)エランがウンをする現場をわしらが押さえていない。

というところなのですが、まず、第一歩として、目の前でウンをするのが好き(あらためて書くとやな感じだなあ)となってもらう必要がありそうです。

ところで、我が家のしつけマニュアルとして活用させて頂いているサイト「犬のしつけをまじめに考える!」によると、ウンコイーターの犬にはウンがそもそもご褒美になってしまう輩もいるそうなので、これに勝るご褒美が必要なようです。

最強のご褒美。人間用スモークチーズでもご用意しましょうか?
posted by bay3 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ダブルヒール

いままで、左について停止もしくは座ることを「ヒール」と言っていたのですが、このあいだから、ヒールポジションから一緒に踏み出すことを「ヒール」とすることになりました。

したがって、これまでの「ヒール」使えなくなったわけですが、ここで我が家の中に断絶が!

どうせ、エランはヒールポジションの「ヒール」もあまり入っていなかったので、私は左拳をターゲットにしてエランを誘導してヒールポジションに座らせていますが、こみぞーはまだ諦めずに「ヒール」と言ってヒールポジションに座らせようとします。

以下、業務連絡です。
どうするよ?どっちにしろ「ヒール』はもうだめだと思うんだが。
posted by bay3 at 18:26| Comment(6) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

水泳入門

P-WELLのドッグ・スイミング入門ページを発見したのでメモしときます。

エラ蔵くん、おやつで釣れば浅瀬ぐらいは歩いてくれそうですが・・・。
posted by bay3 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

マット

現在、マットの上にフセする動作に「マット」という言葉を乗せている最中。

クリッカーの乱用を注意されたので、現在クリッカーを使う練習は、これと「ヒール」のみ。

エランはクリッカーが大好きなので、クリッカーの練習はえらいことハイになる。最近はそれでも、「マット」という言葉がわかってきたようで、言わなくても伏せるけれども、言われたらマットに飛び乗って伏せます。

その落ち着きのなさは、まるで椅子とりゲームのようです。

マットに座るってそういうものではないと思うんですが。
posted by bay3 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

マットとトイレシート混同中

050809.jpg

クリッカーを使ってマットでフセを覚えさせる練習をユニクロの千円のフリース毛布をマットにすることにしたのですが、クリッカーで興奮したエランがマットに飛びつくと、マットは実によく滑ることが判明。床がフローリングだからです。

うむむ〜。滑り止め対策をしなくては。

ところで、いまひとつマットで伏せはうまくいかない。エランは手抜きに入るのが早いし、それでクリッカーが鳴らなくなるとぐるぐる廻りだしてしまう。う〜。

しかも、困ったことが判った。

エランにトイレをワンツーというコマンドでやってもらおうと練習していたのですが、これがうまくいってなくて、どうもトイレシートとその上で伏せというのがくっついてしまっているようなのです。そのため、トイレシートをひろげると、じつによく伏せして待つ。そのことに対して一度もご褒美を上げたことがないのに、なんでなんだよ?

それをマットに上でやって欲しいんですが、どうでしょうか?エランさん?



先日、よっちゃん家にふたたび子猫を見物に行ったときに、SHIONEYさんと紫苑号が来ていたのですが、紫苑さんのトイレトレーニングの見事なことに感激致しました。

彼女はどこででも、トイレシートを広げるとそこでやってくれるのです。

これをうちでも目指したいのですが、どーなんだろーなー。

家に最初に来たときにトイレの失敗にすごく怒ったので、エランさんはトイレを人前でやるのが嫌っぽいのですよね。気長に褒めていくしかないのかなあ。

トイレに関してはこちらのサイト「犬のしつけをまじめに考える」にある「声かけでおしっこ」の教え方を参考にしようと思いますが、仕事しながら犬の様子にそこまでアンテナが張れるのかどうかが自身ありませんなあ。
posted by bay3 at 08:55| Comment(4) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

アドバンスクラス始まり

050806.jpg

本日はしつけ教室。

アドバンスクラスが始まりました・・・が、エランは相変わらず落ち着かないでぐるぐると動き回り、他の犬にテンションあがりまくり。

見学の方がいらっしゃいましたが、「これでアドバンス?」と思われていたのではないでしょうか。うちの犬のクラスを見学させるのは営業的にはよくないと思われますよ、ペロさん。

本日は Go to place というマットに待機することと正式な「ヒール」の教え方を習いました。どちらもクリッカーを使います。

しかし、それ以前にヒールポジジョンで座らせることがなかなか出来なくて、こみぞーが苦労していました。

これはやばいと、さっき、夕飯をあげながらヒールポジションで座る復習をやらせたら、長い時間やりすぎて最後にボイコットされました。しまったよ・・・。とほほ。
posted by bay3 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

ノービスクラス・テスト合格しました

昨日のしつけ教室は、ノービスクラス(中級)クラスのテストでした。

テストの間はご褒美無しなので、「エランが気づきませんよーにー」と念じながらやりましたところ、なんと合格しましたよ!

ただ、「つけ」はちょっとふらふらで減点。「スピン」はリード付きだったのでうまくまわれなくて減点。「こい」は私がしゃがんで呼んじゃったので減点でした。あとは、エランのアテンションがとてもよかったのでほぼ満点をもらいました。すーばーらーしーよ!エラン!普段の生活もこれぐらいやってくれい!

これで、つぎから上級クラスの内容になります。上級クラスのテストの内容を見てみると、上級まで終わると、やっとびしっとした家庭犬になる感じです。がんばらなくてはいかんですなあ(主に飼い主が)。
posted by bay3 at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

週末のテスト用に芸を仕込み中。

というか、芸の練習しかしてないんだけど、他のことは大丈夫なんだろうか?

「スピン」はどうにか誘導無しでもやってくれるようになった。
「タッチ」は問題ない。
「Kiss」はコマンドを出さなくても顔を近づけるとやりたそうにするので、これは危険な技になっているかもしれません。キス魔になりそうですよ、まずいよ、それは。
posted by bay3 at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ノービスクラス・テスト

通ているしつけ教室の中級クラスのテストが次回に行われることになった。テスト内容はこんなかんじ。
D.I.N.G.O. HANDLING TEST ノービスクラスの内容

我が家の最大の難関はトリックです。何か二つ芸をしてみせなきゃいけないのですが、考えてみりゃあエランに芸はろくに教えていない。あわてて、私が「スピン」、こみぞーが「Kiss」と「タッチ」を仕込んでいます。

でも、テストのハンドラーが私なのだったらKissはやだな〜。

Kissは人間の鼻のあたまに鼻ムチュさせる技(?)です。タッチは、手のひらに鼻ムチュ。

スピンは、犬にその場でぐるっと一周まわってもらう芸・・・これってひょっとして「おまわり」ってやつか?

スピンがまだまだ未完成。今日もご飯の前にはまわってもらう予定。



・・・今、よくよくテスト内容を見てまずいことに気がついた。

ひょっとしておやつ禁止?

まずい。落ちるかも・・・。
posted by bay3 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(1) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

クリッカートレーニング〜ヒール

クリッカーで歩いているときにヒールとアイコンタクトをしたがるようにする刷り込みを強化中。

なので、今日の散歩は、夕食分の50グラムをもってクリッカー片手にでかけました。フードが家まで持つように気をつけて道を選んだので、とても短い散歩でしたが、その間中、エランがヒールポジションでアイコンタクトしてきたらクリッカーならしてフードをあげました。

最後は車の多い道でしたが、これをやっているとエランは車よりはこっちに興味を持ってくれるようで車追いをしませんでした。すーばーらーしー。

難点は、こっちがまったく気を抜けないことと、移動距離が短いこと。もっとカロリーが低いおやつならいいのだろうけれども、ドライフードじゃないとお腹が緩くなるんだよなあ。
posted by bay3 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

しつけ教室 拾い食い禁止

elan_wait_for_food.jpg

昨日はしつけ教室でした。本日のメニューは、

・人に触られるのに慣れること。

・ゲートの開閉時に自発的に座ること。

・拾い食いをしないようにすること。

の三つでした。

人に触られるのはあまり問題がなかったのですぐに終了。トレーナーさんにも飛びつかず、おりこうにしてました。なぜなら、ここでのセッションでは必ずおやつが出るのが判っているから。(なので、ここでよく出来てもなあ(涙))それでも、以前に比べれば自制するようになっていますよ、と優しいお言葉を頂きました。たしかに半年前にくらべたら、ぐっと我慢する瞬間があるのは見て判ります。成長したのねえ。我慢が持たないのが難点ですが・・・。

ゲートの開閉時の行動については、人間がドアノブに手をかけたら、オスワリ。ドアが開いても解除の号令が来るまでは腰をあげない、ということコマンド無しでやれるようにします。もともと散歩のときにドアを開ける前にオスワリをさせていて、また、OKを出すまで外に出していないのでこれもすぐにクリヤ。ただ、やはり、通ったことのないドアだとその先が気になるのかドアを開けた瞬間に腰が浮いちゃう場面もありました。まだ、練習が必要です。

三つ目の拾い食い防止方法。これこそうちが求めていたものですよ!
床に餌を落としておき、犬にリードをつけたまま近寄らせて、犬がそれを食べようとしたらリードを張って近づかせないようにします。そして、犬がオスワリしてアイコンタクトしてくるまでひたすら待つ。やってくれたら、飼い主が拾って手に入れ、それをあげます。飼い主からもらえるまで犬は動いてはいけません。動いたら飼い主はそもそもひろってくれません。これを犬が理解して自発的にやってくれるまで何度もやります。食い意地のはったエラ蔵君は素早く理解しました。さすがです。ただし悪知恵もはたらくので、拾おうとしているときに出し抜かれそうになりました。このしつけは犬に出し抜かれては絶対にいけないそうなのであぶなかった。落ちているものの管理は必ず飼い主がするというのを徹底しなきゃいけないそうです。

最後に、他の犬とのつきあい研修2回目をやってもらいました。しつけ教室の犬たちのなかにエランを放牧するわけですが、二回目にしてエランはかなり犬相手のテンションが落ちてきた模様。すばらしい。今回も懲りずに歯をたてて遊びに誘おうとしたのですがちょっと他の犬に警告されただけで、すぐにやめました。以前とは大違い。すばらしい。

今回はボール投げをして犬を走らせながら呼び戻しをやりましたが、エランのアテンションがものすごく良かった。最後の方は、ボールが出てくれば、呼んでもらえておやつがもらえる、と理解したのか、ボールが転がりだしたら呼ぶまえから飼い主の前にオスワリでアイコンタクトするようになりました。

「ドッグランでも練習して下さい」

と言われたので、おやつを使えるランを探すことにしました。

ご褒美がおもちゃなら近くのランでもできるので、プレミアムおもちゃも作ることにしました。



腰のことを報告したら、やはり腰の対策は運動をひかえて体を大事にするしかないそうです。股関節と違って筋力増強でカバーしたりすることができないんだそうです。獣医さんが長期的に気をつけなさいと言ったのはそういう意味だったのかあ、といまさら理解。(遅い)

知恵をつかう遊びを好きにさせてあげなくちゃねえ。
posted by bay3 at 17:58| Comment(3) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

クリッカートレーニング中

クリッカートレーニング断続的に継続中です。
最近は興奮はしますが、飛びつきはなくなりました。教室では反応がいいと言われます。よしよし。

■左手の平に鼻をタッチする(出来た)
ある日突然、しょっぱなから出来ました。それまでは、近づいてもタッチしなかったのになあ。

■タッチライトを点ける(途中)
鼻で点けるのは出来る。いま、足に振替中。いまのところ、鼻と足と両方でやるか、鼻でやっても反応がないので足を出す感じ。

■チューズ・トゥー・ヒール(未練習)
先日の教室で習っただけ。歩いている飼い主のヒールポジションにつくことの強化をするもの。エランは興味対象の周りをぐるぐるまわるので、後ろからすっと入ってもらうことを目指す。フードをまいても平気で、ある程度広い場所が思い当たらず、家では練習してない。ググって見たら"CHOOSE-TO-HEEL"はTMが付く言葉でびっくりした。これはこれで、Jecsさんという人が開発したトレーニング方法らしく、おそらく今やっているものとは別。



余談:

タッチライトを点ける技。家では狭いスペースでクリッカー音、餌の出る場所、タッチライトの三つが密集するはめになってしまった。そしたら、エランさん。だんだんクリッカー音が鳴るのが待ちきれなくなって、ライトのまえに伏せで待機。体を動かさずに顔だけ動かして鼻でタッチ、上半身だけ動かしてフードゲット、とやりはじめた。そーゆーのをアメリカ人はカウチポテトと言うんだ!立てよ、こら〜!と飼い主は憤慨。

こういうずぼらなところはやはり飼い主に似たんでしょうか・・・.

エランの手抜きに腹が立ったので、フードを出来る限り遠くに投げたらオーディオデッキの下に入ってしまい。フードを追ったエランにデッキをべろべろ舐められるはめに・・・。人を呪わば穴が二つありました(涙)。

<こっそり>でも、私のデッキじゃないの</こっそり>
posted by bay3 at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。