2009年01月07日

問題行動一つ解決

エランさんの数ある問題行動のうち、もっとも面倒だったのが配水管がゴボゴボ鳴る音に反応して騒ぎまわることでした。おかげさまで水道使ったり、洗濯機使ったりするときにはイライラすることしきり。

が、このたび年末にめでたく解決しました。

なぜなら、配水管が鳴らなくなったから!

いえね、そもそも配水管が音を立てるのは管が詰まり気味だったからなのです。これまでもパイプフィニッシュなどで詰まりをとろうとしたのですが、うまく解決しないでいたところ、この年末に遂に本格的に詰まりまして、クラシアンにお世話になりました。一番出口のところからに油の塊が1mぐらいでてきたそうで。素人には取れませんよ・・・orz

でも、おかげさまで配水管がきれいに流れるようになりました!すーばーらーしー!!これまでは洗濯機が鳴るタイミングを散歩にあわせていたのですが、おかげさまで家にいながらでも洗濯機を何回まわしてもいいや!って気になりました。ありがとうクラシアン!

そんなわけで問題行動ひとつ解決しました。原因が無くなったので解決しました。勝ち負けで言うとどうかしら・・・。か、勝ち?
posted by bay3 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

全部食べたちゃん

グリム童話にネズミと猫が非常食に油壷を共同購入するという話がありまして、抜け駆けして食べたくなっちゃった猫は親戚の子供の名付け親になりに出かけると言ってはその油壷を舐めに行き、ネズミへのアリバイとして子供の名前をでっち上げるのですが、それが「かわ舐めちゃん」、「半分食べたちゃん」、「全部食べたちゃん」。もちろん、どれだけ油壷を食べたかを言っちゃっているわけです。

さて、本題。
エランさんは留守番とか、夜に人間が寝室に上がっちゃった後など、人間がトイレの片付けを出来ないときのウンを食糞することしばしばです。しかし、フードがアボダームに変わったので、エランさんも留守番の食糞をしなくなるかも!とワタクシは淡い期待を抱いていました。

あにはからんや、

昨晩、ワタクシが呑んで帰ってみると、ウンの痕跡あれども、その存在はいっぺんもなし・・・.

全部食ったんか〜!!  orz

掃除は楽でしたが、なんかイヤ。
その口でよって来られても愛らしく感じられません。
posted by bay3 at 08:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

食糞またまた

06122101.jpg

手術が終わって食事が戻ってからエランの食糞の頻度が上がった気がします。

ピュリナに変えたからなんでしょうか?うまそうなのか、それとも排泄の回数が増えたのでチャンスが増えたのか・・・。

ユカヌバに戻して様子を見て見るかなあ・・・。
posted by bay3 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

まとめ

そういえば、いろいろな問題行動のその後がどうなったかを全く書いていませんですね。

問題行動で検索してやって来られる方は、やはり解決例を知りたいわけでしょうから、我が家の場合をメモしておきます。

が、解決したものと解決しなかったものがあります。また、同じ問題行動でも、解決方法は犬によって全く異なることが多いようです。ご参考まで。

■トイレトレーニング■
エランを購入したペットショップの売りは「トイレトレーニング済み」でした。が、知らない家に連れて来られたエランはパニックになって、すっかりリセットされました。廊下中にしまくりました。どこにそんなにシッコが入っていたのか伺いたいものです。しかも、出したら水を飲んで補給します。エンドレスでした、ええ(涙)。

最初は失敗したのを叱っていましたが、まったく覚えませんでした。その後、しつけ教室に駆け込んで習ったところによると、叱ってはいけないのだそうです。

叱ると排泄行為を怒られていると理解して、隠れてやるようになってしまうのだそうです。

なので、基本は

1)目の前でしたら褒める
2)トイレでしたら褒める

です。

なおかつ、2)の成功例を増やすために、最初は出来る限りトイレを広大に用意する。(お勧めは部屋一つにトイレシートを引き詰めて成功経験を作ることだそうですが、うちはここまではやりませんでした)

エランはトイレでするとトリーツが出る、と学習すると、あっさりとトイレでやるようになりました。もともとのトイレトレーニングが蘇ったのかもしれません。

基本はどこでするよりも飼い主の目の前で、トイレでするのが一番お得と犬に学習させることです。エランさんにはこの取引が一番ききました。

クレートで管理する方法もありますが、エランさんはクレートの中で致しても、まったく気になさらずに入っていらっしゃる犬だったので、クレート方法は効きませんでした。ペットショップが長いと、こうなっちゃうんですかねえ?

■留守番中に破壊行為■
こみぞーがバリケンに犬を入れておくのが好きではなかったので、うちでは廊下で留守番させていましたが、エランさんは壁を掘り、コンセントカバーをはがし、階段を齧りました。そして、トイレを荒らす・・・orz

基本は
1)掘れないようにブロックする
2)他の用事をつくる
です。

2)についてはしつけ教室で習ったデンタルコングでだいぶ改善されました。おいていかれて寂しがる犬だったら、飼い主がいなくなった最初の15分をしのげれば、落ち着いて留守番出来るのだそうですが、

エランさんの場合は、若者が暇を持て余していたのでそういうわけにもいかず、コングがあってもトイレシートを細切れにまで裂いてさらに自分のいたしたものともミックスしてぐちゃまぜにするということをやってくれまして、私はしばらく家を空けること(によってそのあと始末をしなければならないこと)に嫌気がさしてしまい、出かけられなくなってえらいこと精神的ダメージをくらいました。

結局、留守番のときにトイレを荒らすことに関しては、一歳をすぎて落ち着くまでは解決しませんでした。

■食糞■
これは基本的に解決していません。デター等の禁忌剤も使いましたが、まったく効きませんでした。

基本は、
出したらすぐに片付ける。

これにつきます。

従って留守番の間や、夜間に致したものについてはどうにも出来ません。かといって、いつもいじるわけではなさそうなので、趣味と思って諦めてます。とほほ。

食糞に関しては体の不調から行うこともあるので、まずは獣医さんに相談するとよいと思います。うちの場合は相談してみたら他に問題がなかったので「すぐ片付ける」というアドバイスを頂きました。

■引っ張り癖■
あるとき、ふっとリードが軽くなったときはマジでリードが外れてエランさんがいなくなったのかと思いました。引っ張らなかっただけなんですけどね。それまで常にリードに不可がかかっていたものですから慌てましたよ。

さて、しつけ教室ではリーダーウォークを習いましたが、これはワタクシの腕ではまったく効きませんでした。先生がやったらきっとうまくいったんでしょう。

私がやるとエランさんは不機嫌になって一歩も動かなくなるというステキなボイコットをしてくれまして、リーダーウォークはザセツ。

もう一つ習った「犬が勝手に前に行こうとしたら電信柱になる」という方法は、それなりに効きました。いまでも、ぐいぐい前に行きたくなってしまったときにリードを持った私が動かなくなると諦めて戻ってきます。

が、いまひとつ、とっ散らかり気味です。

一番効いたのは、バーバラ・サイクスの本に載っていた考え方を勝手にアレンジした方法です。側面より前に行くと私に阻止されるという法則で散歩をすること。

これがうまくいったのはエランさんがビビリだからだと思います。エランさんは私が横で大きな足音をたてるだけでびびります。進行方向を遮るように私が大股で一歩踏み出そうものならそれだけで飛び退きます。

そんな犬だから阻止しやすかったのです。
楽天家でハイな犬ではこの方法は無理なんじゃないかと思います。きっと突破されます。

エランさんの場合は、電信柱方法とこの空間の管理(というか体を張った線引き)の二つで引っ張らなくなったような気がしています。

■ニンゲンの食事中に食卓のまわりを廻りつづける■
まあ、そういう意味ではボーダーコリー特性が強かったとも言えるんですが、これはキツかった。

しつけ教室では二つの方法を習いました。

一つはコマンドを載せること。でも、ニンゲンのほうがコマンドが入るまで待てなかったのでこの方法はやりませんでした。(あ〜、少しは試しましたが、入っている気配がまるでなかったのでザセツ)

もう一つは、フセマテをかけること。こっちはうまくいきました。そのかわり、食事の間中、すっとフィーディングです。せわしない食事でした。

しかし、エランが大人になって落ち着いてきたこと。その他の場面でも待つことを覚えたこと、などが合わさって、フセマテをかけなくても廻らなくなりました。

今は食器の音を聞くと勝手にやってきてフセするので、それはそれで迷惑です。でも、廻られるよりはましですし、微笑ましいと言えなくもありません。

■車追い■
これは治ったと言えなくもないですが、許される場面ならやります。
車を追いかけたいのか、恐れているのかがよく判りませんでした。おそらく、どちらもあったんだと思います。

1)ふつうの路肩はだいぶ気にしなくなりました。が、夜、ヘッドライトが近距離でが迫ってくるような場面では身構えます。これは怖いんだと思います。

2)自分が車に乗っているときは対向車を追いかけています。これは楽しいんだと思います。

3)駐車場に併設したドッグランでは柵のすぐ横を車が通ります。するとその車は追いかけます。これも楽しいんでしょう。

エランの場合は車に飛びかかろうとするのでかなり危険でした。そのため、最初のうちは車の来ない道を歩いていました。

解決方法は、
1)慣れさせる(怖くないと学習させる)
2)自制を覚えさせる(マテができる)

2)に関しては特に何かしたのではなく、引っ張り癖がなくなり人と同じ速度で歩かなきゃいけないと学習したことと、追いかけたいという欲求のままに生きる子供時代がおわり、犬自身の中で自制がきくようになったということが積み重なって解決したようです。

つまり、うちの場合は時間が解決しました orz

犬が自制することを自ら出来るようになったおかげです。
しつけの素人にできることなんて、こんなもんですかね。

以上、解決したものはこんな感じでした。
お楽しみいただけたでしょうか?(チガウ)
まあ、ひとつのご参考まで。



問題行動の解決については下記のサイトが詳しいやり方を紹介しています。私達がしつけ教室で習ったものもここに書いてあるものと近いです。

犬のしつけをまじめに考える!
http://www.dogparty.net/index.html




また、私達がしつけ教室で習った考え方をしつけ教室の所属する団体、D.I.N.G.O.が本にしています。

「犬ともっと仲良くなる方法」
テリー・ライアン 著/石綿美香 訳
出版:ディーイーピー/版形:A5サイズ 120P
1,500円(税別)

D.I.N.G.O.のサイトから購入出来ます。
http://www.dingo.gr.jp/goods/index_goods.html
ページの一番下の「書籍/DVDなど」にあります。



こうして、改めて見返してみると、まだまだ問題の多いエランさんもずいぶん落ち着いたんですなあ。
posted by bay3 at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

今、何が問題か?

DINGOの英語サイトのスケジュールを見てみたら5/25に横浜でケン・マッコート氏のセミナーがある模様。

その名も,

"Problem Dog Counseling"
(犬の問題行動カウンセリング)

そういえば、以前エランが不審物に猛烈に警戒するようになったときに「受けたらどうか?」と薦められていましたっけ。

あれからよく考えると最近のエランはどうなんだろう?

新しい場所に行っていないせいなのか、エランの行動があまり気にならなくなっている。(それとも人間のほうが慣れてしまったのか?)

でも、誰もいないところでよく唸っている。

この程度でもカウセリング受けに行ってもいいんだろうか?(つまり、私が内容に興味があるので話が聞きたいわけですよ)

あ〜、他の犬とプロレスできないっていうのはどうなんでしょうかね?

しかし、よくよくカレンダーを見てみたら、5/25はばっちり平日でした。運転手が居らん。歩いていくか?(片道3時間あれば着きそうです)
posted by bay3 at 10:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

また食われました

仕事で部屋に缶詰になっていたの、エランをリビングに離しておくかバリに閉じ込めておくか悩んだのですが、ちょっとかわいそう、と思ってリビングに出しておきました。

PCの前でがつがつ作業して、しばらくしてそろそろトイレやってるだろうなあと思って鼻を利かせてみると、香しいかほり。

でかいほうです。しまった、気がつかなかったよう!

リビングを恐る恐る覗いてみると、トイレトレーにはトイレの後。大きい方はかけらが残っているものの本体が見当たらない。

全部食ったな〜!!!!

次回から仕事中はバリに封じることにします。だ〜!!(怒)レイアウトを変えて、作業中もエランを見はれるようにしなきゃダメなようです。しかし、いま、作業部屋はカオス状態なんだよなあ。片付けられるのかちらん・・・。助けて、イッセンマン。
posted by bay3 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

食糞

PCいじるのに部屋にこもっている間に、オウンを食い荒らされました。久しぶりでしたが、まだやるんですね、エランさん。

結局、治らないものな訳だ。

君を見張って暮らすのにオレは疲れた。モウイヤダネ。ハウスシヤガレ。
posted by bay3 at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

トイレ

うちのワンコロ様は本日もオウンをリビングでおやり遊ばされた。

走ってたな〜、と思うと、急にぴたっと停まってウンチングポーズをとる。

むむ〜。

何が不満なんじゃ?

posted by bay3 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

壁掘り再び

昨日は、朝からエランが不機嫌だったのですが、昼に出かけたらそのあいだに壁を掘られました。

まだ、掘るんだ、そうなんだ・・・(がっくり)。
posted by bay3 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

車に攻撃

しばらく雨だったのでろくな散歩が出来なかったのですが、昨日は曇りのうちに散歩。最近は車にはそんなに反応しなくなったので、駅までの車の多い道を修行することにした。

エランはもともと車の近くを歩くのが苦手。怖いのか車が来ると腰を抜かして一歩も動かくなり、吠えかかったものです。最近は、車の少ない道ではそれなりに我慢できるようになってきました。

そこで、昨日はちょっと車の多い道へ出たわけです。しかし、以前よりましになったとはいえ、やはり今もちょっと怖いようでエンジンの音がしてくるとぐいぐいリードを引っ張って歩きはじめてしまいます。引っ張られるのは嫌なのでリードをひっぱったら止まる、というのをやっていたら、止まっているときに横を通る車がに反応して飛びかかりそうになりました。

ぎ〜え〜。まだそうなのかい。もう1歳なのに〜。

車に慣れさせるためには引っ張られても止まらないで歩くべきなんでしょか?しかし、それはそれで引っ張り癖が出来そうな・・・。

犬もワタクシも疲労困憊して帰宅。

車の少ない道でおやつ作戦をもう少しやらなきゃダメみたいです。都会では辛いなあ。
posted by bay3 at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

壁を掘る。

エランは壁を掘ります。壁紙をむしって、その下の石膏ボードをざっくざっく。

だ〜。

最近はやらなくなっていたのですが、一カ所だけまだ狙っている場所がありました。階段横の三角の壁の部分です。そこは使っていないキッチンワゴンでふさいでいます。

本日、ちょっとだけ絵の展示に出かけて帰ってくると、・・・壁が〜!!掘られとる〜!

キッチンワゴンが脇にどけられていて、件の階段横の壁の下に壁紙の破片と白い壁の粉々の破片が積もっている。お〜ま〜え〜。エランは下痢なのに、壁紙とか食べてたらどうしよう。と、しくしくと涙ぐみながら(嘘)片付けました。

他の壁は全く無事。どうしてここだけはいつまでもやりたいんだろうか?



ちなみに、壁掘りをやらなくなったというのは、
1)掘る場所が塞がれた。
2)他にもっと面白いことが出来た。
というのが理由のようなので、

掘れる場所があったり、退屈にさせておくとまだ危険なようです。
posted by bay3 at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。