2007年06月01日

フォートレオンしました

うっかりメモし忘れてました。
日付変わっちゃったけどまあ、いいや。

エランさんも洗ったことだし、フォートレオンしました。肌がひんやりするのはお気に召さないようですが、

押さえこんで垂らしました。

これで、ダニー対策もばっちぐー。
posted by bay3 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

CHDは遺伝によるものなのか

犬の股関節形成不全については、なりやすい形質が遺伝するから生じるのか、遺伝的要素がなくても無理な運動をすることでも生じることなのか、がワタクシ的にはよく判っておりませんでした。

mixiの股関節形成不全のコミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=531421

にて、「CHDは遺伝的原因によって生じる症状である」ということを獣医さんから聞いた話を紹介して下さった記事がありまして、ちょっと裏を取ってみました。

あまりうまくまとまっていませんが、
メモというつもりでお読みいただければ!!щ(゚Д゚щ) (←ハイテンションなのは仕事逃避中なため)

結果から言うと、現在の見解では
CHDは関節形成に異常が生じる遺伝によって引き起こされるものである、その遺伝要素のない犬で起きることはたいへんに稀で無視出来る」
というもののようです。

文献はこちら、

"The pathogenesis and diagnosis of canine hip dysplasia: a review."
C L Fries and A M Remedios
Can Vet J. 1995 August; 36(8): 494−502.
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=1687006

1985年以前の文献にあたった総括です。
実際に遺伝によるものであるという一次文献(二次文献ぽいのもあるけど)はこのReferenceについているようなので、入手可能な方は読んでみたらいいかもです(そして、どんな実験だったか教えて下さい(^^;)

よく混乱を招くのは、Willis (1989)*の実験結果で、正常な犬どうしの交配でも19〜36%は股関節形成異常が発生するという報告です。(JAHDで結果が紹介されています。)

これは、正常な股関節をもっている犬でも異常遺伝子をもっている犬はいると解釈するとすっきりするんじゃないかと思います。親犬の股関節が正常だからといって安心するな、ということですね。

1980年代に遺伝的であるという証拠が挙がっているのに、一般的にCHDが先天的か後天的かということが混乱している原因は、股関節形成異常の話のときに、表現型(その個体が正常な股関節かどうか)と遺伝型(異常遺伝子を持っているかどうか)を区別せずに話をするためだと思います。

CHDは遺伝的要素によって生じるので、子孫のどこかで股関節形成異常が出れば、どんなに祖先が正常でもそのラインはキャリアだと判断しなくてはなりません。

とはいっても、CHDが出たラインだからといって、そのブリーダーが無知だったと一意に責めるのは酷なような気がします。多くの遺伝病がそうであるように、股関節形成不全も遺伝子が同定されていないので、症状が出た時点でそのラインの繁殖を止めるというしか方法がないところがこの遺伝病の難しいところです。

どんな犬でもそうなのですが、改めて。
子犬を手に入れる時は、ラインの確認をすることがだいじなんですね。
というか、ラインの確認は専門家であるブリーダーさんにがんばって頂きたいものですけど。



*たぶん、これなんですが、未確認。メモぐらいのつもりで。
Willis MB, 1989. Hip dysplasia. Genetics of the dog. New York: Howell Book House; 144−179.
posted by bay3 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ミルベマイシンA

07051505.jpg

今年もやってきました、フィラリア駆除薬ミルベマイシンの投薬開始です。毎年、最初のうちはちゃんと15日に投薬出来るんだけどね、あ〜ら、不思議。だんだん、だんだん後ろにずれ込むのです。

今年はガンバロー。

ミルベマイシンの発売元のやっている投薬リマインダーサービス、「Month One わん クラブ」もお役立ちですよ。

Month One わん クラブ

投薬予定日と投薬予定日10日後にメールでお知らせをくれるサービスです。投薬忘れ防止お役立ち。
posted by bay3 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

狂犬病予防接種とマイクロチップ情報

07040702.jpg

シーズン到来でございます。
狂犬病予防接種に行ってきました。エランさんの体重は14.95Kgでしたよ。

ダイエットじゃ。

フォートレオンとミルベマイシンもお買い上げしたので大出費です。

暖冬なのでフィラリア対策は早めがいいのかと尋ねたら、たとえ3月に蚊に刺されても、その感染は5月の投薬の対応範囲内なのでいつも通りの投薬開始時期で問題ないそうです。血液検査も白でした。

エラン家ではマイクロチップを入れるかどうか検討中なのですが、今日は説明を聞いてきました。日本には大日本製薬とAIPO(動物ID普及推進会議)のデータベースがあるそうで、うちのかかりつけの獣医さんはAIPOを扱ってます。大日本製薬のチップが欲しいと頼めば取り寄せてくれるそうです。

この二つのデータベースはまだ互換がないそうです。互換と言えば、世界各国のデータベースも互換しているわけではないそうです。

でも、ISO規格なので、世界中でデータを読み取ることはできますよ、という程度だそうです。

日本国内ではもちろん迷子札として活躍可能。

大日本製薬製のマイクロチップの特徴はチップで体温を測ることが出来ることなのだそうですが、これはこの機能に対応した読み取り機でないと出来ないことなので、うちのかかりつけではいつもの体温の測り方になるのであまり利点はないそうです。

さて、うちはどうするかのう〜。

マイクロチップに関してはANISの説明が詳しいです。
http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc.html
posted by bay3 at 12:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

フォートレオン

フォートレオンをつけました。
うっかりしてだいぶ開けてしまっていました。
暖冬なので気をつけなくては・・・。
posted by bay3 at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

8種予防接種

本日は動物病院で8種混合予防接種をしてもらいました。「デュラミューン8」です。

エランさんはこれまでアレルギーが出たこと無いのですが、これまで出てない犬でも当然にアレルギーを起こすこともあるそうなので一日は注意が必要なのだそうです。(副作用情報をみてみるとアナフェラキシーだと15分ほどで反応が出て一時間以内にさよならするようなので、ちょっと怖いですなあ。アレルギー反応は読めないので厳しいです。)

アレルギー反応はワクチンではなく溶剤のほうにアレルギーを起こすこともあるそうです。

まあ、アレルギーが起きない分には、飼い主には散歩をサボるかっこうの理由が出来て万歳です。

都会で暮らす分には5種で問題ないのだそうですが、アウトドアに行くのであれば8種がお勧めなのだそうです。どれだか忘れましたが、ネズミがキャリアの病気があって山で拾いやすいのだそうです。うちは牧場でシープドッグをやるので必要かと。
posted by bay3 at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

注射のシーズン

かかりつけの動物病院から8種混合予防接種のお知らせ葉書が届きました。こうやってリマインダーを出して頂けるのはとても助かります。

なにしろ、飼い主は忘れっぽいのです。

エランさんは8種混合です。
何種でやるか相談したときに、獣医さんに、アウトドアへ行くことを想定するなら8種がお勧めと言われたからです。8種にするとネズミが媒介する病気の予防接種が含まれるのだそうです。猟犬なんかは8種なのだそうです。

当時はあまり考えなしでしたが、結局いまはシープドッグで牧場へ通う身分になったので、8種にしておいてよかったですよ。

さて、いつ注射しようかね。
自分の注射じゃないので気楽なワタクシ(←注射大嫌い)。
posted by bay3 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ミルベマイシン投薬

06121602.jpg


本年度、最後のミルベマイシンを与えました。
お腹が治っていてよかったですよ。
posted by bay3 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

パン焼きさんに注意

06121201.jpg

ぴーすけママさん情報です。

ぴーすけママさんの妹さんは獣医さん。そこに運び込まれた患畜でパン生地を飲み込んで開腹手術になったミニチュアダックスがいたそうです。

飼い主さんが発酵させていたパン生地を犬が食べてしまったらしいのですが、それが胃の中で発酵して胃がパンパンに・・・。

このままでは胃が破裂するというので緊急手術だったのだそうです。

自家製パン作りのミナサマ、お気をつけて〜。

うちの犬も酵母の匂いでそわそわするのでヤリカネンですな。気をつけます。
posted by bay3 at 11:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ミルベマイシン投薬

06051714.jpg

今週は耳周辺の湿疹対策に抗生物質と痒み止めを飲ませているため、ここにミルベを足してもいいものかどうか不安になりました。

動物病院に電話して確認してみたところ、一緒に与えて無問題、ということでしたので、チーズに埋めて与えました。

今年は、来月まで投薬したらミルベ終了です。
posted by bay3 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

肥満?その2

06111501.gif

先々週から、耳の周辺に湿疹が出ているエランさん。経過観察で毎週末、動物病院に通っています。図らずも、毎週、体重と体脂肪を測っています。

いえね、体脂肪は本当はお試しだったんです。

先生が新しい機械を手に入れたので、それを使ってみようということになり、測ってみたのが先週のこと。

で、出て来た数字が38%。肥満です。

慌てた我々は次の一週間、エランの食事量を絞り、減量につとめたのです。

そして、次の週末に湿疹の経過を診てもらったあとに、再び体脂肪を測ってもらいました。

で、出た数字。

44%  orz

なぜ、増える〜!!!

さすがに先生もこれにあせって、自分の腕で測定器を試してみましたが、値はちゃんと出ている模様。

エランも、3回以上測ってこの数字なので計測ミスというわけではなさそうです。

焦った我々はエランの体重もチェックすることにしました。
チェックすると、

15.05 Kg(前の週の300g減)

減ってるじゃないか・・・。

わけがわかりません。

考えられる可能性は二つ。
1)エランの体脂肪は44%である
2)測定器がロジックがエランに合っていない

2)であってほしいのですが、太めなのは確かなので、減量は続けることにしました。少なくとも15Kgは切らなくちゃいけません。

そんなときに、ピースケママさんから頂いたのが、ユカヌバ体重管理用サンプル品の山。

06111502.jpg

これは、もう天啓でございます。
現在のエランさんのお食事は体重管理用が50%となっています。

これで、次の週末こそ体脂肪が減っていて欲しいのですが・・・。
posted by bay3 at 09:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

肥満?

06110301.jpg

さて、先日から耳周辺を痒がっているのの経過報告で獣医さんに行きました。

耳を診た後に獣医さんが「体脂肪を測ってみてもいいですか?」というのでお願いしました。どうやって測るのかと思ったら、電極のついたコンパクトな装置を皮膚に当てるだけ。

人間の体重計についている奴と似てますね。

で、出た値が、38%。

38%?

人間ならばっちり肥満ですが、犬ってドウナノ?とリアクションに困っていたら獣医さんが

「(数値は)20代が望ましいんですけどね・・・」

と申し訳なさそうにおっしゃる。

ええん。つまり、エランさんてば肥満ですか?

大昔、痩せすぎと診断された身としては信じられません。やはり、犬は腹の肉がつまめちゃいけないのか?

しかし、その場にいた誰もが、エランさんの体形で肥満とは納得がいかない。

「まあ、新しい装置ですので数字を集めている段階ですから」

と、獣医さんは言って下さいましたが・・・。

まあ、確かに最近はピースケママさんに「太った?」と言われたりはしてたんですよね。しつけもサボってるからおやつも食べてないのに何故太る・・・。

少なくとも体重は15Kgを越えてしまっているので、それだけは戻さないといけないと決意を新たにいたしました・・・。とほほほ。

さて、この体脂肪計。花王と大和製衡の共同開発の「ヘルスラボ犬用体脂肪計」という製品らしいのですが、花王のサイトには見当たりません。検索したらこの記事にあたりました。

BCNランキング 2006/10/30の記事
『花王、飼い犬の体脂肪率を調査、4頭に1頭が肥満傾向』

この記事によると、過去の研究に基づいて算出すると体脂肪率35%異常が肥満だそうです。

ええ〜ん。

こみぞーもダイエットを始めたので、我が家はエランも含めて全員でダイエットに突入です。
posted by bay3 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

耳垢が多量で臭って痒がる

06102102.gif

ここ最近、エランさんの耳垢がすごい。
昨晩、耳を触ってみたら、ざらっとするほど出ている。

ピースケママさんに見てもらったら赤く腫れているというので、本日は獣医さんにGO。

見てもらったところ、耳の中はきれいだと言われました。耳垢がひどいのは耳介の部分だけなのだそうです。

しかし痒がっているのは良くないので、以前もらったかゆみ止めの薬で様子を見ることになりました。

耳介も洗ってもらいました。かゆみさえなければ問題ないので、これでかゆみが引けばイヤークリーナーを処方してもらう予定です。

さて、かゆみの原因ですが、アレルギーが一番ありそうな話なのだそうで、食生活の変化がないかときかれました。

食生活。あげるものは変わっていないのですが、ユカヌバの量は増やしたのです(で、太った)。よもやそれ?

いずれにしろ、今日からもとの量に戻るので、それが原因なら治まって欲しいものです。

中耳炎じゃなくてよかったよ。
posted by bay3 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ミルベマイシン投薬

06051714.jpg

チーズに埋込んでミルベマイシンを召し上がって頂く。

もちろん、オスワリのご褒美としてあげました。エランさん、全く気がつかない。素であげると吐き出すくせに、チーズには弱い。
posted by bay3 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

フォートレオン

明日からキャンプなので、あわててつけましたよ。
posted by bay3 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

キシリトール毒性について続報

05122001.gif


AVMA Press Release: Sugar Substitute May Be Dangerous to Dogs
http://www.avma.org/press/releases/061001_xylitol.asp

論文報告にともなってAVMAのプレスリリースでサマリーが出ています。

危険な摂取量の目安として、

22ポンド(約10Kg)の犬が1グラムのキシリトールを摂取したばあいは処置が必要

だそうです。

これは小さな犬ガム(キシリトール製品である場合)3-4個に値する量だそうです。やはり、印象としては一日の適正なおやつ量よりも多く食べた感じです。

2015/8/22 追記。ヒト用の歯科用キシリトールガムは1粒に1グラムのキシリトールガムが含まれていることがあるようなので、ご注意下さい。

元の論文は
"Acute hepatic failure and coagulopathy associated with xylitol ingestion in eight dogs"
Eric K. Dunayer, et al.
Journal of the American Veterinary Medical Association
October 1, 2006, Vol. 229, No. 7, Pages 1113-1117
http://avmajournals.avma.org/doi/abs/10.2460/javma.229.7.1113



我が家では犬用にキシリトールは使ってないのですが、これぐらいの閾値だと、犬用の食べ物よりも人間が食べてるキシリトールガムを犬に誤食されないようにするほうが肝心な気がしてきました。
posted by bay3 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

キシリトール毒性について

05122001.gif

キシリトールの犬への毒性について新しい見解が出たようなので、メモしておきます。
これは個人的なメモなので、利用は自己責任でお願いします。

元の記事はThe American Society for the Prevention of Cruelty to Animals(R) のAugust 21, 2006 のプレスリリースです。

http://www.aspca.org/site/PageServer?pagename=press_082106


ASPCAのプレスリリースによると、キシリトールは少量でも危険な可能性があるそうです。昨年、皆様に教えて頂いた情報では、ASPCAも過剰接種しなければ良いという見解だったのですが、昨年のキシリトール摂取による中毒(?)症例の解析の結果、犬用の食物に添加されているキシリトール量でも犬が中毒を起こす可能性がある、という見解に修正されました。

大量摂取はもちろん危険なのですが、過剰でなくても症状が出るのだそうです。

しかも、厄介なことに大量摂取の場合は消化して30分で症状が出るのだそうですが、少量の場合は症状が出るまでに最大12時間かかるのだそうです。

症状が出た場合にはすぐに獣医師にしかるべき処置をしてもらわないと命に関わることがあるそうです。

症状としては、
・突然の低血糖
・それに伴う行動抑制 (depressionてそういう意味?)
・てんかん様発作
が起こるそうです。

実際にどれだけの症例があったか等は元記事に数字がありますので、そちらをご覧下さい。

個人的には報告されている数字が少ないので、摂取した全ての犬に症状が出ているわけではないと思っています。おそらく、一度に食べた量によるのではないでしょうか?

以前も書きましたが、キシリトールは野菜や果物に含まれる糖で天然に存在します。この報告は、キシリトール自体が毒というよりは、以前想定していたよりも少量でも中毒が出るということわかったということだと思います。

添加物としてキシリトールを受かっている犬用の食べ物の利用するのであれば、中毒の可能性をココロのとめておいた方が良さそうです。

特に一度に与える量には注意が必要だと思います。

うちはキシリトールものはあげたことがないのであまり気にしてないのですが、キシリトールものをご利用の皆様はご注意下さい。
posted by bay3 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ミルベマイシン投薬

犬用チーズの中にミルベマイシンを埋込んでエランに与えました。
一口で平らげました。
posted by bay3 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

フォートレオン

前回いつやったのか記憶が定かでなくなったので、今回はメモしておきます。

今朝、こみぞーが動物病院へ連れて行って、フォートレオンをやってもらいました。

ところで、エランさん、待合室で伏せて待っていたのに、うちの順番が呼ばれた瞬間に悲鳴を上げて診察室と反対方向に逃げようとして待合室の笑いを誘ったそうです。

をいをい。
posted by bay3 at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

フォートレオンと皮膚炎

06072201.gif

エランの右耳の付け根が皮膚炎臭くなってきたので診てもらいました。耳に炎症があるのかと思ったらそうでもなく、耳の付け根と、耳介の一部が皮膚炎をおこしているだけなのだそうで、弱いステロイド剤が処方されました。

これで一発、治るでしょう。

しかし、これでエランとワタクシはステロイド仲間ですなあ。

フォートレオンもつけてもらいました。



:: お知らせ ::
カウンターが22222番だったかたに犬名刺おしつけプレゼント企画進行中です。詳しくは、こちらの記事を。→■

今回で最後ですので、奮ってご参加下さい。
posted by bay3 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 治療経験・予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。