2010年12月11日

まっすぐ

10121103.jpg

ホットカーペットをこよなく愛するエランさん。いつもは玄関の動向に敏感で音がするたびにそちらへ駆け出していくのですが、ホッカーがついている限りそこから出て来なくなります。イヌなのにそれでいいのでしょうか?もう外では暮らせませんね。

さて、なんだかまっすぐ(?)に寝るエランさんが見事だったので写真を撮ってたら、

10121104.jpg

うざがられました。

こういう風に前脚、後ろ脚がぴったりと重なってると(この写真ではずれてますが)アニメの銀河鉄道の夜に出てきた、鳥追いの袋に詰められた鳥のお菓子を思い出します。
posted by bay3 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠出散歩

10121106.jpg

火曜日に仲町台まで遠出散歩しました。ゴールは仲町台のH1-Cafe。こちらはテラスが犬可。散歩先でコーヒーが飲めるって幸せだが、願わくばもちっと近所に欲しい。次に引っ越すときは散歩ルートにテイクアウトか犬可カフェをモトムよ、ワタクシ。

エランさんは水をもらう。コーヒーだけなのにすみません。

10121105.jpg

さて、よく言われているのは「犬の散歩は運動にはなりません」ということです。いやいや、さすが数キロ歩けばそんなことないだろう。実家のサラ姐さんだって鶴見川河口まで散歩させられて(義父はよく歩くヒト)帰り道はボイコットしたじゃないか、とタカをくくってましたが、三キロほど歩いた時点でエランさんが「もうイヤ!こんなにヒールばっかでたらたら歩いてられないわ!!!」とぶち切れる。リードに繋がれたまま暴走開始。

いやいやいや。

アナタの首が締まるから(;°皿°)

嗚呼、やっぱりどんなに歩いても運動にはならないのね、と再確認したのでした。

で、慌てて広いところに出てディスクを投げて走ってもらいました。落ち着いたところでカフェへ。そして、上のエランさんのように静かに待ってくれた訳です。

やっぱり運動大事(T▽T)
posted by bay3 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

カンバーランドシープドッグ

カンバーランドシープドッグはボーダーコリーの土台になった犬だそうですが、実は初めて写真を見ました。

こちら、
http://www.messybeast.com/history/sheepdogs.htm

ちょっとゴツいボダという感じで、あまり違いがないのにびっくりです。
posted by bay3 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ&犬知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

昨今の散歩

10112106.jpg

まだまだ続くよ、お蔵出し。

さて、秋なので落ち葉が沢山あります。
桜の葉はとっても鮮やか、絵に描こうといつも持って返るのに結局描かない( ̄∇ ̄;)

10112101.jpg

いつもの芝生公園も紅葉です。
ここは桜ではなく梅の木が植えてあるので地味。

10112107.jpg

エランさんは落ち葉が好きなので、ふがふがと嗅ぎ回ります。おかげで全く前に進めません。なにがそんなに素晴らしいんだろう?

10112109.jpg

むかし、エコツアーで落ち葉に埋まろうというのがあると聞いて「え〜。あの下にはムカデやダンゴムシがいるじゃないか。」と夢もロマンもないことを思った私には理解不能。もしかすると、そういう匂いがいいんですかねえ?

写真の方は、あいかわらずカメラが怖いエランさん。
顔を背けてくれます。

10112108.jpg

携帯で撮ってもそうなるので、もしかするとカメラというよりはワタクシの態度が怖いのかもしれませぬ。

しょうがないので、止めて呼んで撮る。

10112110.jpg

疲れているときが狙い目です。

もひとつ、T公園も紅葉中。
こちらは桜です。

10112104.jpg

そして、やはりエランさんの視線は頂けず。

10112103.jpg

タレント犬にはなれませんなあ。



口が臭いのでエランさんをふん捕まえて歯を磨いたら、バリケンに立てこもられてます。しくしく。
posted by bay3 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家畜解剖図説 その後

昨日は「家畜解剖図説」のキーワードで来ている人がいたので、情報がなくてすみません、と追記。

結局、あのあと家畜解剖図説の上巻を買いました(予算の関係で一冊しか買えないかった)。鳥の仕事をしたときにニワトリの解剖図はとても役立ちました。日本で簡単に手に入る資料ではピカイチです。

脊椎動物の馬、牛、豚、イヌ、ネコ、ニワトリの解剖図が様々な本からまとめられています。私が言うだけでなく、聞いた話じゃ日本で手に入る解剖の図譜では一番よい本だそうです。
posted by bay3 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。